<< iPod Touchに「リンゴの皮」をかぶせると、あら不思議。iPhoneのできあがり。 | main | 今日のおとこざわ日記 Dec 29 >>

米2010年の顔は「Facebook」の創設者ザッカーバーグ。映画は1月公開。

2010年、米タイム誌の「今年の人」(パーソン・オブ・ザ・イヤー)に選ばれたのは、ソーシャル・ネットワーク「Facebook」の創設者、CEOのマーク・ザッカーバーグさんでした。

26歳での選出は、大西洋を無着陸横断したチャールズ・リンドバーグに次いで最年少2位とのこと。

現在、利用者が5億人というFacebookは、6年前、まだハーバード大学の学生だったザッカーバーグさんが考え出したもの。

とはいっても、発端は、彼がふられた腹いせに、ネットで同級生の女子学生全員に関する個人情報を公表したことに始まります。

名前や出身、あだ名やサイズまで公表されて、女子学生たちは男子学生たちの人気投票のえじきとなっちゃった。

そのあたりのサイテーぶりやFacebookが成功していく過程で失うもの、社会との格闘などは、日本で来年公開される映画「ソーシャル・ネットワーク」を観よう。

   →ソーシャル・ネットワーク - オフィシャルサイト
 
よくできたすばらしい映画らしく、ゴールデン・グローブ賞6部門でノミネートされている。

ザッカーバーグさんを選んだ理由として、タイムはこう言っている。

「ソーシャルグラフによって5億人以上の人々をつなぎ、新しい情報交換のチャンネルを作りあげて、われわれの生活を大きく変えた。こうした理由により、われわれはMark Elliot ZuckerbergをTIMEの2010年『今年の人』に選定する」。

ところで、ネット界での今年の顔といえば、「WikiLeaks」の創設者で編集責任者のジュリアン・アサンジュさんを外すことはできません。

実際、タイム誌の読者投票では、彼がトップ。
彼が選ばれなかったのは、激しい議論の末であったことは想像に難くありません。




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
おとこざわの本棚
漫画の新聞
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM