<< 今日のおとこざわ日記 Nov 11 | main | 幸五郎さんに会いたくて >>

切り花が東北で売れる理由

2人以上の世帯で切り花の年間購入額がデータになっています。
2009年の家計調査(総務省)から。

それによると全国の県庁所在地を比較すると、福島市が1万5448円で全国2位、仙台市が1万5264円で3位につけています。
盛岡市と山形市も全国平均を大きく上回っています。

切り花の需要は墓前や仏壇に供える仏花が多く、慣習を大事にする高齢者が購入する頻度が高い。

東北農政局では、「墓参りの際に本家、分家やご近所の分までまとめて花を供えるので、購入量が多くなるのではないか」とのコメント。

東北は美しい習慣が残っている地域であって、誇らしいことです。

できれば仏花だけじゃなく、ふだんのプレゼントやおもちかえりにも生花を使うとか、花を愛でる習慣が増えればいいのだけど。

ウチの玄関には、そういえば数日前から芳しい香りがただよってるけど、あれなんの花だろう。
こんなこと書きながら、関心が薄くて、いつも妻から鈍い人よばわりされている。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
おとこざわの本棚
漫画の新聞
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM