<< 社員10人のアメリカ企業がクルマ業界に参戦 | main | 領土をもたない国「マルタ騎士団国」と飛び地研究家 >>

今度は恋愛脳(男心と女心は、なぜこうもすれ違うのか)を学びたい

7/9に黒川伊保子さんの講演会「感性マーケティングの活かし方〜市場の気分を読み解く脳科学〜」に参加してきました。

   →黒川伊保子 - Wikipedia
1959(昭和34)年、長野県生れ。奈良女子大学理学部物理学科卒。株式会社感性リサーチ代表取締役。メーカーでAI研究に携わったのち、ことばの感性の研究を始める。気持ちよいと感じることばに男女の違いがあることを発見、独自のマーケティング論を拓く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ユーモアと実例を交えた講演。
後半しか聞けなかったのですが、下記はメモです。

女性脳と男性脳の違いとして、

・脳裏に浮かんだり、口を出たりする言葉は、1日あたり、女性は2万語、男性は3千語。
・女性は、2次元的理解、男性は、3次元的理解。
・女性が話すことは、理路整然出はない。男性は、すばやい問題解決はしてはいけない。「要するにこういうことなんだろう」「結論から言ってよ」は禁句。言葉を反復してあげるだけでいい。
・夫や息子を愚痴と指図で追い立てないこと。子どもの空間認識力をそいでしまう。
・男は、貧乏ゆすりとペン回しで、言語野を立ち上げる。

2013年から時代はアナログの時代からデジタルの時代へ変わる。

・アマチュアからプロの時代へ
・空気を読める人から凛々しい人へ
・本質重視の時代へ。王道

示唆に富んだ講演会でした。
本も読んでみたい。

   →黒川伊保子オフィシャルサイト
   →ネーミング分析の株式会社感性リサーチ



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
脳の若返り
わたしがおすすめするのが脳の若返りについてです。これをおすすめしたいのには理由があります。日ごろから脳を使うことで脳の機能の低下を防げるのです。脳の若返りを効果的にするため簡単な計算問題を速く大量に解いたり、音読などしたり単純なものを毎日行うことで脳
  • 脳の若返りトレーニングBLOG
  • 2010/07/26 5:10 PM
profile
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
おとこざわの本棚
漫画の新聞
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM