<< 家族のいちばん好きな写真があるんだ、兄が妹にソフトクリームあげている図。 | main | 「親指シフト」入力に切り替えた >>

フルートとピアノのNew Year コンサート

Nさんに誘われて、鑑賞いたしました。

アンサンブルセンプリーチェ New Year コンサート

仙台フィル首席フルート奏者の芹澤暁男さんと
ピアノに星簇亜美さん。

会場は、錦町noLa。聴衆は40名で間近で演奏を楽しめます。

第一部はじめは「七つの子」。

前奏がはじまると、フォーレのドリーじゃないか?と思ったら、
うまく「七つの子」の旋律が乗ってきました。

次に芹澤さんの楽器紹介で、フルートの音の出しかたを聴衆のほとんどを占める理系向けに説明されました。
栄養ドリンクを使った宴会芸風のパフォーマンスは、私もいただき!です。

次に、フルートの速いパッセージと詠うアンダンテとの対比を魅せる
サン=サーンスの動物の謝肉祭から「鳥かご」「白鳥」。

ビゼー、アルルの女からメヌエット。
フルートソロの定番として。

期待の、モンティ「チャルダッシュ」...は、
ソプラノリコーダーで挑戦されました。

前半の最後は、マンシーニのメドレーで、
「シャレード」「酒とバラの日々」そして
ティファニーで朝食をから「ムーンリバー」。

演奏者の息遣いが感じられるホールで、
私は今日は音楽鑑賞よりも、運指を見ながら、息遣いの同期をさせていただきながら、エアフルートをひとり楽しんでいました。

さすが、プロ。私はエアで1曲ですら疲れてしまうのに、1時間半も連続して吹けるとはすばらしい。あらためて、感心させられました。体力ありすぎ。

ピアノの星簇さんは、ソロをうまく乗せてしまう安心感がすばらしいですね。
ときに、波のようなウネリに聴き惚れてしまいました。

主催は仙台応用情報学研究振興財団と日立ソリューションズ東日本。1月27日。錦町noLa。
後半は所用で退席。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
おとこざわの本棚
漫画の新聞
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM