名乗らない人々

今日は愚痴をひとつ。

メールは、パソコンで行うのが常なんだ。キーボード入力も(親指シフトで)速いし、漢字変換もよく使う固有名詞や短文を単語登録してるし、いちばん操作しやすいからね。
画面が小さくて、入力もしづらいので、スマホはずいぶん前に止めた。

したがって電話はガラケーです。携帯のメールは緊急用にしたいので、家族と社員の一部にしか教えていない。また、急がないメールが着くたびに呼び出されるのはわずらわしい。
加えて、前述のパソコンの便利な機能はすべて使えないから、入力は遅い。

ところが。

ガラケーの電話番号はショートメールとして使えるわけだ。

続きを読む >>

男澤さん全員集合

男澤(オトコザワ)という名字の家系に生まれて、名刺交換の際など、よくめずらしがられます。
子どもはだれもが自意識過剰であって、自分だけ特異なポジションに置かれるのを避けたがるものだ。
私もそのころは、男澤という私を表す記号のが、「私はオスである」と言わずもがなのことを殊更に強調しているようで、妙に恥ずかしく、得心のいくものではありませんでした。しかも、長い、舌が回りにくい、漢字が難しい。

続きを読む >>

夏の花火[随想]

山歩きが好きなのは、人混みが嫌いだからだ。
だから、仙台に長年住んでいるのに、七夕祭りやジャズフェスやまして花火大会など、足が向くことがない。

似た者夫婦ということで、妻もそうだ。
夜空に大輪の花が咲く打ち上げ花火はそれで壮観だが、庭で涼みながら家族で楽しむ、おもちゃ花火が好きなのである。

 

この夏、わが家にその「おもちゃ花火」がやってきた。

続きを読む >>

「親指シフト」入力に切り替えた

ワープロ専用機の時代から、キーボードによるパソコンの日本語入力歴30年になります。
しかし、告白すると、キーを見ないで打つ「タッチタイピング」はできず、運指もあやふやで、お世辞にもきれいな打ち方ではない。
それでも長年の慣れで、ビジネス文書を打つのに不自由を感じることはありませんでした。
昨年末までは...

年末にある記事を読んで、これまでのローマ字入力を変えることにしました。
ローマ字入力、かな入力ではない第三の日本語入力方法、「親指シフト」。

親指シフトとは、1979年に富士通が考案したキー配列規格。
ローマ字入力の欠点をなくし、日本人にとって最も使いやすいキーボードを目指した入力方法です。
入力スピードが1.7倍早くなるとの調査結果があります。指の負担を考慮したキー配列になっているため、「楽だから」という理由で使う人も多い。

これまで特段不自由を覚えていなかったローマ字入力をあえて変えることにしたのは、パソコンの画面に視線を集中することで思考能率を高めることができると確信したからです。
事実、親指シフトは作家や編集者、弁護士、弁理士などヘビーな日本語入力ユーザーにファンが多く、思考のスピードで打鍵できる「指がしゃべるキーボード」とも言われています。

長年馴染んだ方法を捨てるのに、さほど躊躇はありませんでした。
親指シフトをマスターすれば、今後ずっと使い続けられる強力な仕事の武器を手に入れることになるわけですから。

ちょうど先の年末年始休暇は9連休がとれたので、仕事をすべてストップして、入力を一からやり直すのに絶好の機会でした。

毎日練習し、1分あたりの入力スピードは休暇の終わりには、以前の半分の速さを記録することができました。今日の測定では75%までこぎつけました。

まだ遅くていらだつときもないわけではないのですが、訓練の副産物として、たくさんの気づきがありました。

集中力を高める方法、日本語入力の設定やユーザー辞書の充実、思考と運指の一体感...。

例えば、事故で片手が使えなくなったとか、ハンディキャップを負ったときの軽いシミュレーションまで体験できました。
ちょうど仕事用のメガネを忘れてしまった日がありましたが、不自由な環境を楽しむことができたのは、我ながら驚きでした。

フルートとピアノのNew Year コンサート

Nさんに誘われて、鑑賞いたしました。

アンサンブルセンプリーチェ New Year コンサート

仙台フィル首席フルート奏者の芹澤暁男さんと
ピアノに星簇亜美さん。

会場は、錦町noLa。聴衆は40名で間近で演奏を楽しめます。

第一部はじめは「七つの子」。

前奏がはじまると、フォーレのドリーじゃないか?と思ったら、
うまく「七つの子」の旋律が乗ってきました。

次に芹澤さんの楽器紹介で、フルートの音の出しかたを聴衆のほとんどを占める理系向けに説明されました。
栄養ドリンクを使った宴会芸風のパフォーマンスは、私もいただき!です。

次に、フルートの速いパッセージと詠うアンダンテとの対比を魅せる
サン=サーンスの動物の謝肉祭から「鳥かご」「白鳥」。

ビゼー、アルルの女からメヌエット。
フルートソロの定番として。

期待の、モンティ「チャルダッシュ」...は、
ソプラノリコーダーで挑戦されました。

前半の最後は、マンシーニのメドレーで、
「シャレード」「酒とバラの日々」そして
ティファニーで朝食をから「ムーンリバー」。

演奏者の息遣いが感じられるホールで、
私は今日は音楽鑑賞よりも、運指を見ながら、息遣いの同期をさせていただきながら、エアフルートをひとり楽しんでいました。

さすが、プロ。私はエアで1曲ですら疲れてしまうのに、1時間半も連続して吹けるとはすばらしい。あらためて、感心させられました。体力ありすぎ。

ピアノの星簇さんは、ソロをうまく乗せてしまう安心感がすばらしいですね。
ときに、波のようなウネリに聴き惚れてしまいました。

主催は仙台応用情報学研究振興財団と日立ソリューションズ東日本。1月27日。錦町noLa。
後半は所用で退席。

家族のいちばん好きな写真があるんだ、兄が妹にソフトクリームあげている図。

1年間毎日書いてきたこのブログを思うところあって、毎日は書かないことにしました。

...などと決断したら、1週間も描いていないんだよね。

昨日からウチの家族は、とある「臨戦態勢」モードに入っていることがあって、食事は全員揃って食う!という空気になっています。

息子も娘も、とあるステップアップがあったので、大人扱いしなきゃなあと思っていて、ちょっと大人な話題を振っています。
(「とある」ばっかりですいません。家族の行動は原則書かないようにしているので。)

そうしたら、やっぱり彼らは彼らなりの範囲で、知識や見識や意見を持っていて、会話が弾むんですよ。

話していてうれしくなるくらい。

今朝は、

今日から始まるテレビドラマ「冬のサクラ」が「冬のソナタ」と似ている是か非か。

携帯を持っていない娘でもメールアドレスは持てるんだよ、あげようか?

学校のアベチャンが先生に「ゆとり教育やめるってホントですか」と聞いた話から、土曜日も半ドンで学校行け、半ドンの帰りはとってもたのしいんだよと懐かし話。

とかやりました。

その後、PCに向かってたらネットで見つけたブログの記事がこちらです。

   →430c(無題)

ファミレスで隣のテーブルに、親子が座った。
茶髪のお母さんと、中学一年生ぐらいの兄、小学校低学年ぐらいの妹。

母親がデフォルトでキレてて、「早く決めなさい!」「そんなこと聞いてないでしょ!」「黙って食べなさい!」

妹が学校であった話をしようとしても、「食べてる時は騒がないの!周りの人に迷惑でしょ!」

妹はびっくりしてカレーをこぼして、さらに怒られて、涙目で、それでも怒られないように大好きなカレーを味わうでもなく、急いで口にいれている。

母のケータイに電話がかかってきて、彼女は外にでて話をしにいく。

...で、お兄ちゃんと妹の会話が始まるんですが、続きは記事をご覧ください。

   →430c(無題)

どんな家族でもね、ひとりでも真っ当な人間がいれば、救われるんだよね。
がんばれ、お兄ちゃんと妹。

先日娘がアルバム見ていて、横からみてたら、ずいぶん前の旅行のヒトコマを見つけた。

兄が妹にソフトクリームあげているとこ。
上から母親が心配そうに覗いている。

これが、家族で僕がいちばん好きな写真だ、

子どもと一緒にいられる時間なんて、ほんと短い。

そんなことに今ごろ気がついている僕は、たいせつな時間をムダに過ごしちゃって、少し後悔してる。

でも、これからの時間を大切にしようぜ。

いま仕事に集中して、午後からは家族との思い出づくりが待ってるよ。

楽しい人生を創っていこうね、わが家族よ。


今日のおとこざわ日記 Jan 10

Powered by twtr2src.

ジェットコースターのような8年間、伝説のキャバ嬢「胡桃」

若い女の子のなりたい職業の上位に、最近は「キャバ嬢」が入っているそうですね。

オシャレができて、手っ取り早く稼げる、と思うのでしょう。

書店で見て、気になっていた立花胡桃著「ユダ」を読みました。

気になっていたというのは、副題に「伝説のキャバ嬢『胡桃』、掟破りの8年間」とあったので、若い女性の上昇志向や金銭を男から巻き上げるテクニックとか興味本位で覗いてみたかったから。

ちょっと調べてみたら、いまは引退して、テレビのコメンテーターとかタレント業なんですね。

話はおもしろくて、高校のときに中絶を経験し当の男にふられてしまうとか、専門学校生になってから、スカウトに誘われるままキャバクラに入店。すぐにナンバーワンになるとか、店を転々として、金になる客をつかむとか、キャバ嬢同士のかけひきとか、男とのビジネスと恋愛の虚々実々のかけひきとか、ジェットコースターのような展開はなかなか刺激的でした。

金銭感覚、恋愛感覚は常軌を逸してしまうのは、仕事柄仕方ない。
神経と人生をすり減らして生きてきた感じがして、かわいそうに思えます。

文章とエンディングは褒められたものではなくて、読後感はまずますでしたが、ひとりの若い女性の懸命な生き方を聴くという意味では、おすすめできます。

ところで、キャバクラに通う客のうち、総額3000万円を使いながら最後にふられるプログラマー、新潟から夜行バスで年2回だけ彼女に会うために上京する身体障害者の話は、切ないなあ。

今日は成人式だけれど、恋人がいない、異性と付き合ったことがないという若者が増えているそうです。
ほんとうの恋愛しなさいな。
 


今日のおとこざわ日記 Jan 09

  • 10:21  おとこざわ・とおるの「めしのタネ」  今日のおとこざわ日記 Jan 08 → http://am6.jp/dVu5ga
  • 14:37  橋の歩道を子どもたちのために雪かき。3人でやった。除雪車大活躍!
  • 15:02  小雪舞うなか、イタリア語講師の70歳、Hさんと立ち話。 http://otokozawa.jugem.jp/?eid=771 #jugem_blog
  • 16:10  倒木で仙山線の愛子〜山形間運休状態です。息子はJR指し迎えのバスに乗って帰ってきた。
  • 16:16  河北新報 東北のニュース/仙台・西公園にドッグラン開設を 要望の住民と市対立 http://www.kahoku.co.jp/news/2011/01/20110109t13013.htm 僕は犬きらいなので、もしそうなったら近くに行きません。
  • 16:18  おとこざわ・とおるの「めしのタネ」  今日のおとこざわ日記 Jan 08 → http://am6.jp/eiU60B
  • 16:18  おとこざわ・とおるの「めしのタネ」  小雪舞うなか、イタリア語講師の70歳、Hさんと立ち話。 → http://am6.jp/ifDlAu
  • 20:07  「コピーライティング」ほど、ビジネスを拡大させるスキルはありません。「でも売れるコピーってどうやって書けばいいの?」「時間がかかるし、文章って苦手なんだよね。」悩んでいるなら、スピードライティングの秘密をぜひ試してみてください。http://bit.ly/czuSS8
Powered by twtr2src.

小雪舞うなか、イタリア語講師の70歳、Hさんと立ち話。

雪がちらほら舞う中、いつもの休日のように、散歩兼業務に出動しました。
業務の中身は、シークレットなので言えませんがね。
小一時間かけて、団地の中をゆっくり歩く。

雪かきをしていたHさんと、新年のあいさつを交わす。

おたがいの知り合いのITコンサルタントNさんの消息を尋ねられたり、そういえばHさんこそ、イタリア語の先生のSさん、知ってるんではないですか、と聞いてみたりでしばし談笑。

Hさんは、市民講座でイタリア語を教えているんですが、自分の経験範囲では日常会話程度しかできないのに教えるのは大変だよ、と。

1時間の授業のために、5−6時間は勉強しなくちゃなんないとこぼすんだ。
もう歳だしね、頭に入らないと。

聞けば、一昨日に70歳になったばかり。

でも、それはよくわかりますよ。
僕もインターネットのことはいつまで経っても素人で、勉強しなくちゃいけないことばっかりだ。

また、最近、唱歌を中心に歌うコーラスに参加してるんだそうな。
そこはHさん以外は、60-70代の女性ばかりで、男性はHさんひとり。

モテていいですね。

「いや、いろいろ話しかけてくれるんだけれども、プライベートなことを根掘り葉掘り聞くんだ。奥さんはどんな人だとか、子どもがどこに勤めてるんだとか。いやになっちゃったから、もう辞める」

新しいことする気力がないなあ、とHさん。

でも、後輩の私が言うのもなんだけど、人生の楽しみは毎日が新しいことでしょう?

「いつまで経ってもベータ版」。
この精神でいきましょう、Hさん。


profile
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
おとこざわの本棚
漫画の新聞
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM